[PR]

村山斉の時空自在<41>

 初の女性で黒人・アジア系の米副大統領が誕生する。カマラ・ハリス氏だ。大統領選の民主党候補者争いで、ジョー・バイデン氏を討論会でやり込めた。その後は寄付集めに苦労し、撤退。その彼女を副大統領候補にあえて抜擢(ばってき)したバイデン氏は大したものだ。

 ハリス氏は私の地元バークリーの出身で年齢も同じ。カリフォルニア大バークリー校に通っていた両親の間に生まれた。父親はジャマイカ出身の黒人で、今はスタンフォード大名誉教授。母親は南インド出身のタミル系で、19歳で生命科学の博士課程に入学。その後はがん研究者として活躍したが、2009年に亡くなった。2人は当時大学で盛んだった公民権運動の場で出あい、結婚。生まれたハリス氏を乳母車に乗せ、デモに行ったという。

 黒人として差別を受けて育つ中…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。