[PR]

 香港の裁判所は2日、昨年の「逃亡犯条例」改正案をめぐり、無許可のデモを組織して参加者を扇動した罪で、民主活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏に禁錮1年1カ月半、周庭(アグネス・チョウ)氏に禁錮10カ月の実刑判決を言い渡した。

 周氏が実刑判決を受けたのは初めて。周氏は実刑判決を宣告されたあと涙を流し、ハンカチでぬぐった。

 2人が罪に問われたのは、昨年6月に警察本部を数万人で包囲したデモについて。警察が逃亡犯条例に反対するデモに参加した若者を拘束したことへの抗議デモで、約16時間にわたって警察本部を取り囲んだ。

 裁判官は判決を前に、2人について「デモ参加者を扇動する行為に積極的に加担した」と語った。

 黄氏は14年の民主化デモ「雨傘運動」をめぐり、2度にわたり数カ月服役したことがある。

 周氏は先月23日に収監された…

この記事は有料会員記事です。残り209文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り209文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り209文字有料会員になると続きをお読みいただけます。