[PR]

 回転ずし大手くら寿司の業績が、人気アニメ「鬼滅の刃」とのコラボで持ち直している。2日発表した2020年10月期決算の売上高は、海外店の不振で微減だったが、国内に限ると過去最高を更新した。コロナ禍の打撃から息を吹き返した形だ。

 くら寿司は夏から秋にかけて「鬼滅の刃にぎり」といった商品や、オリジナルグッズを配るキャンペーンを実施。店内の感染対策も整えて、コロナ禍で落ち込んだお客を引き戻した。持ち帰りや宅配サービスも広げ、「中食」の需要も取り込んだ。

 その結果、国内の売上高は前年比0・5%増の1231億円になった。ただ米国で休業や営業制限を余儀なくされたため、全体の売上高は0・2%減の1358億円だった。また、感染防止のための改装費などがかさみ、純損益が2億円の赤字(前年は37億円の黒字)に転落した。最終赤字は01年の株式上場後では初めて。

 21年10月期の業績予想は、コロナ禍の収束が見通せないとして、公表を見送った。

 それでも、直近では政府の飲食店支援策「Go To イート」でポイントとほぼ同額分を食べる「無限くら寿司」という手法がネットなどで話題になり、10月の既存店売上高は前年同月比26・1%増、11月も同33・8%増と勢いに乗っている。(加茂謙吾)