[PR]

 自民党の衛藤征士郎・党憲法改正推進本部長は2日、憲法改正の国会発議について「たとえ一部にちゅうちょする政党があったとしても、信念をもって憲法改正を提案し、意思を問うことは成熟した民主主義国家のあり方として当然だ」と述べた。

 衛藤氏の発言は、憲法改正を数の力で進めようとするものと受け取られかねず、改憲に慎重な野党側の反発を招く可能性がある。保守系団体「日本会議」が主導する改憲団体「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の会合で語った。