1974~81年にフランス大統領を務めたバレリー・ジスカールデスタン氏が2日、新型コロナウイルスに感染し、仏中部の自宅で死去した。AFP通信が伝えた。94歳だった。

 1926年生まれ。エリートを養成する国立行政学院(ENA)で学び、30歳代で財務相に就くなど要職を歴任し、74年に48歳で大統領に当選。1期7年務めた。

 75年には、石油危機後の世界経済への対応を話し合うため、主要国首脳会議を提唱して初開催し、西ドイツ(当時)や米国、日本など計6カ国が参加し、いまにつながるサミットの枠組みを作った。西ドイツとの関係を重視し、シュミット首相との協調を深めた。

 国内では成人年齢を18歳に引き下げたほか、保健相に故シモーヌ・ベイユ氏を起用して妊娠中絶を合法化した。パリのオルセー駅を美術館に改装することも決めた。

 大統領退任後も下院議員として政治活動を続けたほか、欧州連合(EU)の諮問会議の議長として「EU憲法」の起草にかかわった。25カ国(当時)に拡大したEUに大統領ポストを設けることなどが柱だったが、フランスやオランダが国民投票で否決。未発効に終わった。

 20年5月には、インタビューを受けた際にドイツ人女性記者の腰を触ったとして、仏検察が性的暴行の疑いで捜査を開始していた。(パリ=疋田多揚)

 フランスのバレリー・ジスカールデスタン元大統領(1974~81年)が2日、死去した。94歳だった。AFP通信によると、新型コロナウイルスに感染していたという。

 在任中、石油危機後の世界経済への対応を話し合うため、主要国首脳会議を提唱。西ドイツ(当時)のシュミット首相とともに75年、米国や日本など6カ国での開催にこぎつけ、いまにつながるサミットの枠組みを作った。(パリ=疋田多揚)