[PR]

 東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)のスイートルームってどんな部屋なんだろう。聞けば1泊50万円の部屋もある。窓からはどんな景色が広がるのか。どんな優雅なサービスを受けられるのか。泊まれないけど、のぞいてみたい! 記者(23)がわくわくしながら憧れの部屋の中に入ってみると――。

 その部屋は東京ディズニーシー・ホテルミラコスタの最上階にある。イタリア語で豪華王を意味する「イル・マニーフィコ・スイート」と呼ばれる。

 取材を申し込み、案内してもらうと、大きな窓いっぱいにディズニーシーの世界が広がっていた。火を噴く火山、船上から手を振るミッキーマウスたち……。愉快な音楽も聞こえてくる。

 「ディズニーシーが真正面から一番きれいに見える場所」と担当者。ゆっくりと椅子に腰を掛けて見下ろせる。

 室内では、最上室にしかないミッキーのブロンズ像が出迎えてくれる。天井にはローマ神話などをモチーフにした巨大な絵。宮殿にあるような家具も置かれている。広さは約199平方メートルあり、あまりの大きさに驚いた。

 「南欧の古き港町」をイメージした風景に溶け込むよう、中世イタリアの大富豪メディチ家の別荘をイメージしてつくった。1泊50万円(1室)にもかかわらず、人気の部屋だという。

人生の特別な瞬間に

  泊まった人に話を聞いてみた。

 「夢の中にいるような優雅な時…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。