第23回「援交」は修学旅行のため 少女を追い詰めた虐待の連鎖

有料会員記事

編集委員・大久保真紀
[PR]

 待ち合わせは午前5時。SNSでやりとりして会うことにした男の住む神奈川県内の最寄りの駅だった。

 当時、女性(20)は高校2年。バッグに制服を詰めて出かけた。

 現れたのは、40歳ぐらいの会社員風の男。めがねをかけ、スーツを着て、頭は少しはげていた。顔を合わせてすぐ、手を引っ張られた。自分が相手を探したとはいえ、初めてのことで、戸惑いが広がった。

 《どうしよう。引き返したい。でも、このままじゃ修学旅行に行けない》

 引きずられるようにしてすぐ…

この記事は有料会員記事です。残り3497文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載子どもへの性暴力(全47回)

この連載の一覧を見る