[PR]

 2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする――。この新しい目標を達成するために言われているのが「脱炭素ライフスタイル」への転換だ。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために呼びかけられた「新しい生活様式」ともまた違う。脱炭素の暮らしとは、いったいどんなものなのか。

昔の家は床がひんやり

 11月下旬、東京都新宿区にある住宅設備大手LIXIL(リクシル)の「住まいStudio」。ここには1980年基準の「昔の家」と、2016年基準の「今の家」、そして最新の技術を盛り込んだ「これからの家」の三つがある。外気温を0度、リビングのエアコンを20度に設定した状態で部屋の暖かさがどう違うかを体験できる。

拡大する写真・図版リクシルの施設では「昔の家」と「今の家」、「これからの家」について、断熱性に違いがあるかを可視化して比べることができる=東京都新宿区

 さらに、体感とともに、サーモグラフィーの色や数字でも比べられる。その映像を見ると、部屋の中心の室温はほぼ同じだが、床や壁際、窓際に大きな違いがでた。昔の家の場合、床は15度とひんやりするが、今の家では20度、これからの家では23度で、最大8度の差があった。「断熱性や機密性の違いがこの差を生んでいます」と担当者が教えてくれた。

 この違いは電気代にも直結する…

この記事は有料会員記事です。残り1116文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1116文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1116文字有料会員になると続きをお読みいただけます。