映画「ぼけますから」公開から2年、信友家を訪ねた

有料記事

宮崎園子
【動画】老老介護描いた映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」 ヒットの裏で家族に大きな変化が起きていた=宮崎園子撮影
[PR]

 認知症の87歳の母を介護する、耳の遠い95歳の父。それを一人娘が映像で記録した大ヒット映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」。公開から2年、コロナ禍の中、母は他界し、父は100歳に。家族のいまを、取材しました。(宮崎園子)

映画のDVDが発売

 映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」が11月末にDVD化された。発売元はフジテレビジョン、販売元はTCエンタテインメント。本編102分のほか、特典映像として予告編(1分46秒)と、監督の信友直子さんのメッセージ(6分23秒)も収録。字幕、バリアフリー日本語音声ガイドあり。

 

100歳を祝うイベント「感激しとるんで」

 「こんなに盛大に、祝(いお)うてもらうとは思いもしませんでした」

 先月1日にあったオンラインイベント。遠方にいる約180人の参加者に100歳を祝ってもらった信友良則さんが、恐縮しながらパソコン画面に向かって深々と頭を下げた。フリーのテレビディレクターをしている一人娘、直子さん(58)が横にぴったり寄り添う。「お父さん泣きよるん?」「感激しとるんで。最初から泣きよります」。良則さんが目元を押さえた。

■地元ではちょっとした有名人…

この記事は有料記事です。残り1741文字有料会員になると続きをお読みいただけます。