[PR]

 いつまでも「敗北宣言」をしないトランプ米大統領への風当たりが強まっている。敗北を認めないことは、醜い悪あがきか、それとも粘り強さなのか。「美しい負け方」を考える。

元プロボクサー・坂本博之さん「人生の勝負はこれからも」

 負けを認めないことは、みっともない、潔くないことなのでしょうか。僕はそうは思いません。負けを認めると、全てが終わってしまうような気がする。そんな時期はあるし、そんな人もいます。トランプ氏の気持ちも理解できます。僕も、負けてもいいんだということに気づくのに、何年もかかりましたから。

 1970年生まれ。日本ライト級と東洋太平洋同級王座を獲得。世界には4度挑戦したが、届かなかった。

 1991年にプロデビューし、19連勝しました。初黒星は95年の20戦目。そして2000年、畑山隆則さんとの世界戦で、初めてのノックアウト(KO)負け(TKOを除く)を喫しました。

 その頃、負けとは自分の人生が否定されることだと思っていました。幼くして両親が離婚して親類宅に預けられ、熱湯をかけられたり、食事を与えてもらえず捕まえたザリガニを食べたりしました。その後、児童養護施設で育った僕は、勝つことで自分を肯定することができたんです。他の子どもにあるものがなかった僕は、人に認められ、安心な場に居続けるためにも「昔に戻りたいのか。勝て!」と自らに言い聞かせました。試合に負けたとしても、それを認めないことで、次の試合に向かう原動力を得ていたんです。

 しかし大きな試合に負けた後、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら