[PR]

 安倍晋三前首相が地元の支持者らを招いて開いていた夕食会「桜を見る会前夜祭」。その費用の一部を補塡(ほてん)した疑惑を巡り、野党から安倍氏の国会招致を求める声が強まっている。安倍氏は首相在任中に国会で一貫して「補塡はない」と答弁しており、野党は改めて国会での説明を求めている。

 立憲民主、共産、国民民主、社民の野党4党の幹事長・書記局長は3日、国会内で会談し、5日閉会予定の臨時国会を28日まで延長するよう求めることで合意した。4日に延長を求める動議を国会へ提出する。新型コロナウイルス対策の審議のほか、「桜を見る会」夕食会の費用補塡問題で、安倍氏の国会招致が必要との認識で一致した。

 会談後、立憲の福山哲郎幹事長は記者団に、安倍氏が首相時代に費用の補塡を否定する答弁を繰り返していたことについて「立法府として甚だ遺憾で、国会審議の信頼を著しく損なう行為だ」と指摘。「(会場の)ホテルからの領収書、明細書の発行の有無や補塡の事実、原資等々、国会で説明する責任がある」として、安倍氏を国会に招致する必要性を強調した。

 共産党の小池晃書記局長は記者…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら