[PR]

杉本昌隆八段の棋道愛楽

 早いものでもう12月です。「師走」の語源は諸説あるようですが、普段は落ち着いている師(僧侶)も走り回るぐらい忙しい月、という意味もあるそうです。

 年賀状の作成やお歳暮の注文、部屋の掃除などの予定を立てていると「今年ももう少しで終わりだなあ」と実感します。

 2020年の将棋界も色々なことがありました。

 主役はやはり藤井聡太二冠。名人戦順位戦は10戦全勝でB級2組に昇級。竜王戦もランキング戦3組で優勝。6月に棋聖と王位の挑戦権を獲得し、そのままタイトル奪取。11月には通算200勝も達成。どれをとってもまばゆいばかりの記録です。

 順風満帆のようですが、厳しい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。