[PR]

 パチンコ店の駐車場の車を蹴って損壊させたとして、千葉県警茂原署は2日、長生村水口の無職の男(68)を器物損壊の疑いで逮捕し、発表した。「店に来ていないし、車も蹴っていない」と容疑を否認しているという。

 署によると、男は5月、茂原市内のパチンコ店の駐車場で、店の車の右前部分を蹴り、タイヤを覆うフェンダー(約10万円相当)を損壊させた疑いがある。男は店内でマスクをつけるよう店員に注意されたが拒否し、退店させられていたといい、署は男が店員に腹を立てて車を蹴ったとみている。男が再三の出頭要請に応じなかったため、逃走の恐れがあると判断し、逮捕に至ったという。(福冨旅史)