[PR]

 みそだれで食べる、あの餃子(ぎょうざ)が帰ってくる――。神戸市で63年間愛されてきたが、今年6月に突然閉店した「餃子のひょうたん」。家族で守り続けてきた味を、創業者の孫が受け継ぐ。店には3日、「初春 営業再開」とのお知らせが貼り出された。

 ジューシーな餡(あん)を包んだもっちりの皮に、甘辛いみそだれを付けて食べる。メニューはそれだけ。

 ひょうたんは1957年、戦後に旧満州から引き揚げてきた創業者が開いた。カウンター8席だけの元町店、阪急高架下の三宮店。仕事を終えた会社員に地元の若者、近年では観光ガイド本片手の外国人客らでにぎわい、両店とも行列が絶えなかった。

 元町店は6月21日、三宮店は同20日に店を閉じた、と公式インスタグラムで伝えた。高齢だった餃子製造の工場長が体調を崩したためだった。SNSでは「ショックすぎる」「もう食べられないのかと思うと本当に寂しい」という書き込みが相次いだ。

 創業者の孫で三宮店のマスター長塚仁孝(よしたか)さん(41)は最終日、客がいなくなった店で涙を流した。高校生の頃から店に立ち始めて25年近く。「始まりがあれば終わりもある」。そう思うことにした。

 でもしばらくすると、自然と店…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら