【動画】大阪府民に新型コロナ症感染拡大防止を呼びかけるため通天閣や太陽の塔が赤くライトアップされた=佐々木崇暢撮影
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大がとまらないなか、大阪府は3日、「赤信号」をともした。ただ大規模な休業要請などは伴っておらず、経済活動にも配慮しながら収束をはかる構えだ。しかし危機的な状況にある医療現場はより強い対応を求める一方、街ではあきらめの声も聞かれた。

 午後8時、大阪のシンボル、通天閣(大阪市浪速区)が赤く染まった。

 通天閣は府の要請で、その時々の警戒度に合わせた色に点灯してきた。通天閣観光の高井隆光社長(45)は「周辺のお店の人から『俺らを殺す気か』なんて言われることもある。今回の点灯は苦渋の決断」。

 大阪府と大阪市は11月27日、同市中央区と北区で酒を提供する飲食店などに対し、今月11日まで午後9時までの営業とするよう要請していた。そこから1週間での「赤信号」。時短営業の要請が15日まで4日延長されることになり、飲食店はさらなる苦境が予想される。中央区のふぐ専門店「青柳」の店主、青柳勉さん(74)は、「この状況では、もうお客は来ない。あきらめている」とガランとした店内を見渡した。今冬の団体客の予約はゼロ。50席ある宴会場は空いたままだ。「ふぐ屋にとって12月と1月は1年分の稼ぎ時なのに……」(安井健悟、矢島大輔)

 「外出自粛でさらに人出が減れば、営業が成り立たなくなる」

 タクシー約180台を保有するナショナルタクシー(大阪市)の照屋勝晴専務は嘆く。例年なら忘年会シーズンの稼ぎ時だが、足元では飲食店への営業短縮要請などで、夜に勤務する運転手の売上高は通常の3割ほど減少。「赤信号」の点灯でさらに利用客が減ると見込み、運転手の出勤日数を抑えることも検討中という。

 東京や名古屋などへの高速バスや路線バスを運行している「大阪バス」(大阪府東大阪市)は、すでに感染対策として8日から1週間の減便を予定。担当者は「府や市の(赤信号)要請の中身を検討し、改めて対応策を考える」と話す。

 一方、屋内レジャー施設を手が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら