[PR]

第74回福岡国際マラソン選手権が6日午後0時10分、スタートする。新型コロナウイルスの影響で、走ることすらままならなかった2020年。出場する選手の1年と大会への思いを聞いた。

吉田祐也(23)=GMO

 吉田祐也(23)=GMO=は卒業とともに競技をやめる予定だった。

 昨年9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)も、青学大OBの神野大地(セルソース)や橋本崚(GMO)らに、大学の仲間たちと沿道で声援を送っていた。

 それが一転、今年の第74回福岡国際マラソン選手権で、神野や大塚祥平(九電工)、藤本拓(トヨタ自動車)らMGC出場組と競う。

 「考えられないです。MGCを走る選手は、自分と住む世界が違いすぎると思っていましたから」

 今年1月の箱根駅伝と、2月の別府大分毎日マラソンでの走りで、人生が変わった。

 箱根駅伝では、4区で区間新記…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら