[PR]

 鶏卵生産・販売大手「アキタフーズ」(広島県福山市)の前代表(87)が自民党衆院議員の吉川貴盛・元農林水産相(70)=北海道2区=に計500万円を提供した疑いがある問題で、野上浩太郎農水相は4日の閣議後会見で、「捜査活動に関することでもあり、コメントは差し控えたい。捜査の協力要請があれば適切に対応する」と述べた。

 野上農水相は、吉川氏が検察当局から説明を求められれば誠実に対応するとのコメントを出したことに触れ、「一般論として申し上げれば、政治家自らの行動について説明責任を果たしていくことが求められていると考えている」と述べた。

 アキタ社関係者などによると、前代表は現金の提供に際し、家畜の衛生向上を目的とした国際機関が日本の鶏の飼育環境に否定的な基準案を示したのに対し、「農水省として反対意見を出してほしい」と依頼したという。