[PR]

 選択的夫婦別姓制度をめぐり、河野太郎行政改革相は4日の閣議後会見で、法改正が行われる場合には、法案の採決で政党が所属議員の賛否を縛るのではなく、議員個人の判断で投票する形式も選択肢ではないかとする考えを示した。制度導入の是非については明言しなかったが、過去の自身のブログでは賛成の意向を示している。

 自民党内には根強い反対論もあり、導入の是非で意見が分かれている。

 河野氏は制度についての質疑のなかで、「価値観に関わるもので、国の経済政策にあまり影響のないものは、(所属議員の採決行動を縛る)党議拘束を外して議論をする、あるいは決をとることがもっとあってもいい」と述べた。

 自らも法案提出者となり、ほぼ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら