[PR]

 コロナ禍で経営が悪化した中小企業に高金利で金を貸したとして、警視庁は、ヤミ金グループの男8人を出資法違反(高金利)容疑で逮捕し、4日発表した。3~7月の間、茨城、千葉、東京、神奈川など1都9県の男女70人の経営者らに計1億3400万円を貸し、5700万円の違法な利息を受け取ったという。

 逮捕されたのは、群馬県大泉町北小泉4丁目の解体業槻岡佑一(44)、東京都新宿区北新宿1丁目の無職富井輔(36)、豊島区池袋2丁目の無職柴田剛(40)ら8容疑者。槻岡、柴田の両容疑者は認否を保留し、富井容疑者は否認しているという。

 生活経済課によると、8人の逮捕容疑は3~6月、共謀し、埼玉や千葉、東京の中小企業やクリニックなどの50~70代の経営者8人に金を貸し付け、法定金利(年利20%)の約30~75倍に当たる年利約600~1500%の利息を受け取ったというもの。経営者8人の大半がコロナ禍で資金繰りに行き詰まっていたという。

 勧誘には一般に出回っている企業の名簿を使った。都内3カ所の事務所を拠点に、「ジェイポイント」「柳谷商事」「東海信販」「本牧商事」などの社名を名乗り、電話やファクス、ダイレクトメール、電子メールを使って融資を持ちかけた。「コロナ対策融資までのつなぎ」「低利」「担保不要」「即日融資キャンペーン」といった文言で勧誘を繰り返したという。