覚えのない差出人から届いた封筒「…おやじ。生きてた」

有料会員記事

斉藤佑介
[PR]

 9月はじめの深夜。都心のマンションに帰ると、寝ずに待っていた妻が心配そうに封筒を手渡してきた。

 差出人は、静岡県にある自治体の福祉課。覚えがない。IT企業を経営する男性(43)は、宛先違いだろうと思った。

 封を開くと、生活保護の書類だった。1枚に受給者の名前が書かれていた。

 「どうしたの?」

 「おやじ。生きてた」

 妻にそう言って、ソファに沈んだ。涙があふれた。

 父は九州でコンビニ店を経営していた。サラリーマンだったが、実家の酒屋を継ぐために戻り、当時は珍しいコンビニに業態を変えた。国道沿いの店は繁盛し、中学生の男性は誇らしかった。

 だが次第に競合店におされ…

この記事は有料会員記事です。残り886文字有料会員になると続きをお読みいただけます。