[PR]

 安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」の前日に開いた夕食会の費用を安倍氏側が補塡(ほてん)していた問題で、安倍氏は4日、国会内で記者団に「事務所に対しては(検察の聴取に)全面的に協力するように申し上げている」とし、「誠意をもって対応していくというのが基本的な考え方だ」と述べた。

 夕食会をめぐっては、東京地検特捜部が安倍氏の公設第1秘書で政治団体「安倍晋三後援会」の代表と事務担当者らを、政治資金規正法違反(不記載)罪で略式起訴する方向で検討。安倍氏の関与については本人の認識を聴いて最終判断する方針で、安倍氏の任意聴取を要請している。

 安倍氏は記者団に、任意聴取の要請について「報道については承知をしているが、まだ私はなにも聞いておりません」と語った。

 また、これまでの国会答弁との整合性を問われ、「その(答弁の)段階で私が承知をしていた事実と思われる事柄については答弁をさせていただいている」とし、「果たして事実はどうだったかということについては、いま捜査が行われている。結論が出る前にここで申し上げるのは適切ではない」と述べるにとどめた。一方で、「(捜査の)対応が決まった段階において、お話しできることはお話しさせていただきたい」とも語った。(大久保貴裕、笹井継夫