[PR]

 栃木県日光市の足尾銅山でも戦時中、朝鮮人や中国人が働かされ、死んだ。その二つの慰霊碑のたたずまいが対照的だと聞き、10月、現地を訪ねた。

 銅山の小滝坑にほど近い、道路脇の林の中に「足尾朝鮮人強制連行犠牲者慰霊碑」があった。

拡大する写真・図版足尾朝鮮人強制連行犠牲者慰霊碑に手を合わせる山本幸治(手前)ら=2020年10月28日午後0時2分、栃木県日光市足尾町、阿久沢悦子撮影

 「この地につらい歴史 我々は忘れない」などとハングルで書かれた木製の塔婆が3本。その脇に、木の板に墨で書かれた犠牲者の銘板が立っている。風雨でかすれ判読できないものもある。

 案内してくれた朝鮮総連県本部委員長の金鏡浩(キムギョンホ)(63)は3年前に東京から来た。碑のうらぶれたたたずまいに胸を打たれ、「なんとかしなくては」と思ったという。慰霊祭の報道も少なく、あっても碑名は書かれない。「なんともさみしいことです」とつぶやく。

 1946年の厚生省名簿による…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら