コンテナ枯渇の怪 値上げや輸入遅れで影響広がる懸念も

有料記事

友田雄大
[PR]

 船でモノを運ぶときに使うコンテナが見つからない――。輸出入の現場から、そんな悲鳴があがっている。一般向けの商品にも、販売遅れや値上げが出始めた。収束の時期は見通せず、いっそう幅広い製品に影響が広がる懸念もある。なぜこれほどまでに深刻なコンテナ不足が生じているのか。

 「遅延のお知らせ」。国内のフィギュアメーカーが11月下旬、人気フィギュアの輸入遅れを公式ツイッターで知らせると、ファンの間で話題になった。この企業は取材対応を控えたが、ツイッターでは、深刻なコンテナ不足が要因とつづる。

 「こんな規模のコンテナ不足は経験したことがない」。国内の物流業界の関係者は、そう吐露する。「モノが運べなくなる事態は避けるべく努力しているが、絶対にないとは約束できない」と不安を隠さない。

 その要因は複合的だ。

 発端は新型コロナウイルス

この記事は有料記事です。残り1905文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!