[PR]

 小惑星探査機「はやぶさ2」が6日未明、地球へカプセルを帰還させる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は4日、飛行は順調で、予定通り5日午後2時半ごろにカプセルを分離すると発表した。カプセルは6日午前2時半ごろ、豪州上空の大気圏に突入し、巨大な流れ星のように見えるという。

 豪州上空に狙いを定めた軌道変更も正常だったといい、津田雄一プロジェクトマネージャは「1キロ先のテントウムシの星を狙えるくらいの精度を出せた。最後の1日にはカプセルの分離や、探査機の地球からの離脱などいろんな運用が詰まっている。楽しみだ」と語った。豪州で回収を指揮するJAXA宇宙科学研究所の藤本正樹副所長は「天気も良さそう」と話した。うまくいけば6日の昼ごろに回収できそうだという。(小川詩織)

カプセル回収、豪軍も協力

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と豪軍は4日、小型惑星探査機「はやぶさ2」のカプセルが着陸する予定の豪南部の砂漠地帯で、回収班の本部や準備状況などを報道陣に公開した。地元メディアも報道を始めるなど、現地での関心も高まっている。

 回収本部は、豪南部ウーメラで…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら