[PR]

 滋賀県の湖北の町のサッカー少年とJリーガーになった地元の有名人。6年後、2人の関係は選手と監督に変わった。そして3年目の今年度、主将と監督として全国高校サッカー選手権県予選に挑み、滋賀の高校サッカーの歴史を動かした。

 近江(彦根市)がサッカー部の強化を始めたのは2016年。野球部やバレー部などの運動部が全国大会で活躍する一方、部員は11人にも満たなかった。

 そこに招かれたのが、清水エスパルスでプレー経験のある前田高孝(たかのり)監督(35)だった。引退後に関西学院大で教員免許を取り、在学中に大学のサッカー部のコーチに就任した。ヘッドコーチとして、全日本大学サッカー選手権大会で準優勝を経験したこともある。

 前田監督は虎姫町(現長浜市)出身。だが、高校は片道2時間かけて草津東(草津市)まで通っていた。

 県内の高校サッカーの勢力図は「南高北低」。選手権の全国大会出場は、水口の15回(甲賀時代を含む)を筆頭に、草津東11回、野洲10回と続く。湖北地域や彦根の学校は、一度も出場したことがなかった。

 「湖北の子が目指せる部を作る。県北の子、県南の子、県外の子の力を集めて全国で勝つ。それが自分にしかできない仕事」

 監督就任には、そんな思いがあった。

 サッカー部は破竹の勢いで強くなった。17年、夏の全国高校総体に初出場。選手権県予選でも初めて決勝に進んだが、草津東に0―1で敗れた。

 翌18年、同じ虎姫町出身の選…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら