[PR]

スポーツのミカタ

 大学から始めた重量挙げで女子64キロ級の日本記録を持つ山本真鼓選手(24)。パリ五輪の強化指定選手でもあり、「来年の三重国体での優勝や、世界記録の樹立をめざしたい」と目標を語る。

 高校時代は100メートル走など短距離が専門の陸上部員だった。競技転向のきっかけは、高1の冬に叔父の結婚式で現在の指導者である平井一正監督(71)=名古屋産業大教授=と会ったことだった。

 1976年モントリオール五輪の重量挙げ男子フェザー級で銅メダルを獲得している平井監督は、学生の頃の叔父や山本選手の兄の指導者でもあった。式場で会ったとき、「目の色が違った。濁りがないというか、この子ならオリンピックに行けるんじゃないかと感じた」と平井監督は当時の直感を語る。

 「そんな風に見てもらっていた…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら