[PR]

 国の新型コロナウイルス対策の交付金を使い、佐賀県庁に設置する計画の「佐賀誓いの鐘」(仮称)。2日に始まった県議会一般質問では、最終日となった4日も、交付金の使い道が取り上げられた。山口祥義知事は、全国放送で特集したテレビ番組を改めて批判し、「鐘」に交付金を充てる意向に変わりがないことを強調した。

 この日は、下田寛議員(県民ネットワーク)が「一部分だけ批判的にクローズアップされた点は残念だったが、真摯(しんし)に受け止めるべき点もあったのでは」として、感想を聞いた。

 山口知事は「国の交付金の種類や趣旨の説明がなかった」「極端な切り取りがあり、県の対策や、事業に込めた思いが伝えられていなかった」と批判。「侮蔑や中傷の言葉が入っていた」とも主張し、「『佐賀県はやるべきことをやっていない』という印象を与える内容だった」と述べた。

 さらに「コロナ対策で必要なの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら