[PR]

 静岡県警磐田署は4日、北朝鮮産の酒類を国内に不正に持ち込んだとして、大阪市の20代の会社員の男を外為法違反(無承認輸入)の疑いで静岡地検に書類送検したと発表した。

 署などによると、男は昨年5月上旬、関西空港に帰国した際、経済産業相の承認を得ずに北朝鮮産のビールや焼酎計4本を荷物に隠して持ち込んだ疑い。中国からのツアーを個人で申し込んで北朝鮮に入国し、酒類を購入したという。「自分で飲むために買った」と供述しているが、県警がインターネットのオークションサイトに出品されているのを発見した。

 日本は核実験やミサイル発射を繰り返す北朝鮮への経済制裁として、北朝鮮を原産地、または船積み地とするすべての貨物の輸入を禁止している。