[PR]

 昨年12月にアフガニスタンで殺害されたNGO「ペシャワール会」(事務局・福岡市)現地代表の中村哲医師(当時73)を描いた絵本が、一周忌にあたる4日に日本で出版された。アフガニスタンの絵本作家が手がけた原作を、歌手のさだまさしさんらが日本語に訳した。現地で語り継がれる中村さんの功績が、物語になって日本にも届けられた。

 絵本の題名は「カカ・ムラド~ナカムラのおじさん」(双葉社)。干ばつや病気に苦しむ村に水を引くため、住民と用水路を掘った奮闘が描かれている。

 原作はアフガニスタンで児童書を作るNGO「ガフワラ」(揺りかごの意)の代表で、絵本作家ザビ・マハディさん(32)らが6月までに出した現地語の2冊。マハディさんは、かつて日本留学時に絵本の魅力を知り、帰国後に創作を続けていたところ中村さんの事件が起きた。

 「中村医師の思いやり、勤勉さ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら