死刑囚として初めて再審無罪になった「免田事件」の免田栄(めんだ・さかえ)さんが5日午前、老衰のため福岡県大牟田市内の高齢者施設で死去した。95歳だった。

 1948年、熊本県人吉市で祈禱(きとう)師一家4人が殺傷され、現金が奪われた事件で、強盗殺人罪などに問われた。52年に最高裁で死刑判決が確定したが、再審を請求。6度目の請求で再審開始が決まり、83年に熊本地裁八代支部で無罪判決を受けた。

 その後は大牟田市内で暮らし、最近は高齢者施設に入っていた。