【動画】激しく黒煙を上げる建物、消火活動続く
[PR]

 5日午後3時15分ごろ、大阪府和泉市納花(のうけ)町のリサイクル会社の従業員から、敷地内の資材が燃えていると119番通報があった。和泉署によると、同社の約3300平方メートルの敷地に保管されていた約200~300トンの廃ビニールが燃えたとみられ、大量の黒煙が上がった。市消防本部によると、午後9時ごろに鎮火し、けが人の情報はないという。

 現場は泉北高速鉄道・和泉中央駅の南東約2・5キロの住宅街近く。そばに大型スーパー「スーパーセンターオークワ和泉納花店」があり、駐車場の車が次々と避難するなど混乱した。

 スーパー内の理髪店の男性店長(55)は、客から「煙が出ている」と言われ、火事に気づいた。「一時は風で煙がこっちに向かってきて、どうなるかと思った」と話した。

 近くに住む女性会社員(42)は洗濯物を取り込もうとベランダに出たところ、大きな黒い煙が上がっているのを見て驚いたという。外に出ると、炎が見え、「避難しないとあかんかなと怖くなった」と話した。