[PR]

 山口大学は、小型人工衛星の開発や運営を手がけるベンチャー企業「アクセルスペース」(東京都)と衛星データの利活用で連携する協定を結び、4日発表した。

 アクセルスペースは来年3月、4基の小型衛星を打ち上げ、複数の衛星で地上を撮影することで、2日に1回の頻度で観測することにしている。

 ただ、送られてくる撮影データの解像度に差があるのが課題で、山口大の応用衛星リモートセンシング研究センターでデータの補正や解析に関する研究を進める。大学院生がアクセルスペースでインターンシップを経験することを通じて、人材育成も図るという。(寺島笑花)

関連ニュース