[PR]

 大リーグ挑戦のために日本野球機構(NPB)へポスティングシステム(入札制度)申請をすでに済ませている日本ハムの人気選手で、盗塁王を3度獲得している西川遥輝外野手(28)が5日、札幌市内でトークショーの合間に取材に応じ、その思いを語った。

 ――昨オフに大リーグ挑戦の意思があることを公表した。新型コロナウイルスの影響がまだあるなかでの決断だが、自分の夢が勝ったのか?

 「コロナのダメージは(米国や大リーグ球団も)受けているんだろうけど。今年だけ考えたらそうかもしれないが、待ったらいいという問題じゃないと思う。年齢の問題にもなってくるし。あとはアメリカに行くというモチベーションで今年1年間やってきて、また来年、そのモチベーションでやるというのも大変だし。環境を変えたら一回りも二回りも成長できると思う」

 ――日本ハム球団も背中を押し…

この記事は有料会員記事です。残り557文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り557文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り557文字有料会員になると続きをお読みいただけます。