【動画】小惑星探査機「はやぶさ2」から分離し火球のように現れたカプセル=小暮哲夫撮影
[PR]

 小惑星探査機「はやぶさ2」が採取した小惑星の砂が入っているとみられるカプセルが6日午前2時半ごろ、豪州の上空で大気圏に再突入した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は午前5時前、ヘリコプターによる捜索でカプセルを発見し、午前7時半ごろ回収したと発表した。

 月より遠い天体に着陸した探査機が帰還するのは2010年の初代はやぶさ以来2例目。特に今回の小惑星「リュウグウ」の砂には、炭素や窒素といった生命の材料になる有機物が豊富に含まれているとみられ、生命の起源の謎に迫れると期待される。

 JAXAによると、カプセルは5日に地球まで約22万キロの距離ではやぶさ2から切り離され、予定通りの時刻に豪州上空で大気圏に突入した。回収班がカプセルの光跡や落下時に発する電波から着地点を推測し、ヘリコプターで周辺を捜索した結果、午前4時50分ごろに着陸しているカプセルを発見し、夜が明けてから回収したという。

 カプセルの回収後は、有機物から出たガスをすぐさま回収するため、現地で採取作業がある。その後、チャーター機で日本へ空輸され、相模原市のJAXA宇宙科学研究所で分析に入る。(小川詩織