【動画】不明女性の遺体が見つかった現場 栃木・那須=熊倉隆広撮影
[PR]

 東京都豊島区の会社員女性(35)が9月から行方不明になっていた事件で、警視庁は6日、同区目白5丁目、保育士佐藤喜人容疑者(29)を死体遺棄容疑で逮捕し、発表した。捜査関係者によると、調べに「面識のない女性の家に侵入した。抵抗されたので首を絞めて殺し、遺体を埋めた」などと供述。説明通り、栃木県那須町の別荘地の土中から女性の遺体が見つかったという。同庁は殺人容疑でも調べる。

 逮捕容疑は9月24日ごろ、遺体を同町の山林に埋めて遺棄したというもの。遺体は土中深くから見つかった。衣類を身につけておらず、歯型などで身元がわかった。佐藤容疑者は「スコップで土を掘った」と供述しているという。山林の所有者は親族で、土地勘があったとみられ、警視庁は車で遺体を運んだとみて調べている。

 女性が行方不明になったのは9月。体調不良で24日に仕事を休み、病院を受診したのを最後に安否がわからなくなり、翌25日に親族が警視庁に相談した。自宅マンション近くの路上に携帯電話が落ちていたことや自ら失踪する事情がないことなどから、警視庁は事件に巻き込まれた可能性が高いとみて調べていた。

 捜査関係者によると、警視庁は、女性の自宅近くの防犯カメラに同月23日、佐藤容疑者が女性の後をつける姿が記録されていたことを確認。今月5日に任意で事情を聴いたところ、「無施錠の女性の家に金銭目的で入り、殺した」などと供述。遺体を埋めた場所を明かしたという。