1964年東京五輪で金メダルを獲得、「東洋の魔女」と呼ばれたバレーボール女子の全日本チームの一員、井戸川絹子(いどがわ・きぬこ=旧姓谷田)さんが4日、脳出血で死去した。81歳だった。葬儀は家族葬として執り行った。

 大阪府池田市出身。大阪・四天王寺高を卒業後、日紡貝塚に入社。全日本チームも率いていた大松博文監督(故人)の下、猛練習を積んだ。東京五輪ではエースアタッカーとして活躍。五輪後に現役を引退し、ママさんバレーで指導者や選手になり、バレーボールの普及活動を続けた。