[PR]

 米大統領選から約1カ月。バイデン次期大統領が勝利を確実にしたが、トランプ大統領は「不正があった」として、敗北を認めていない。そんなトランプ氏の主張を支持する人が、日本にもいる。どんな考えからなのか。

 「トランプ大統領の再選を応援しよう!」「おー!」

 11月29日午後、トランプ氏を支持し、大統領選での不正を訴えるプラカードを掲げた人たちが、東京・日比谷公園を出発した。「米国大統領選挙、勝者はトランプだー! バイデンではない!」「日米マスコミは真実を報道せよ!」と連呼しながら、銀座を行進した。

 デモ参加者が訴えるテーマは、米大統領選だけではない。星条旗や日の丸に交じって、青地に黄色い星が並ぶ、見慣れない旗を持っている人も多い。中国政府を批判する政商の郭文貴氏と、トランプ氏の元側近スティーブ・バノン氏が6月に設立を表明した「新中国連邦」の旗だ。「テイク・ダウン・CCP(中国共産党を倒せ)」のかけ声も聞こえた。

 中国語を話す参加者も多い。ビラを配る女性に、どこから参加しているのかを尋ねると「日本語わからない」。横からすっと現れた男性が「みんなボランティアです」とにこやかに遮った。聖書の一節が書かれた横断幕や、大統領選を「善と悪の戦い」とする紙を持つ人もいた。

「情報はネットで」共通の声

 デモ終了後、参加者に話を聞い…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら