[PR]

 広島県は7日、同県三原市の採卵鶏農場で鳥インフルエンザが発生したと発表した。遺伝子検査の結果、鳥での感染力や致死率が高い高病原性のH5亜型の疑いが強いと判明。県はこの採卵鶏農場と、同じ法人が経営する同市内の別の農場の2カ所で計約13万4千羽の殺処分を始めた。

 国内の養鶏場での鳥インフル感染は今年、香川や兵庫に続いて6県目で、広島県内では初めて。農林水産省も疫学調査チームを現地へ派遣し、感染経路を調べている。

 広島県によると、6日午前、採卵鶏農場から通報があり、遺伝子検査の結果、7日にH5亜型の遺伝子が確認された。県職員や自衛隊員計約860人態勢で殺処分を進めている。

 県は同日朝に危機対策本部を設置。採卵鶏農場から半径3キロ以内の養鶏場に移動制限、半径3~10キロの養鶏場に区域外への搬出制限を設定した。

 農水省の池田道孝政務官も広島入りし、報道陣に対して「とにかく初動対応が重要。原因を調べ、ウイルスの侵入を防ぐ措置を講じる」と話した。湯崎英彦知事は「厳しい事態だが、拡大防止のために万全を期したい」と話している。(松島研人)