[PR]

 災害が起きたとき、どこが特に深刻なのかをつかむことは迅速な対応に欠かせない。SNSに投稿された画像や、過去の被害率のデータを生かし、いち早く地図に落として目に見えるようにする。そんな取り組みが広がっている。

 今年7月に熊本県などで被害が出た豪雨。未明から球磨(くま)川が増水し、人吉市や球磨村が水につかった。その広がりを当日午後にいち早く示したのが、国土地理院の浸水推定図だった。

拡大する写真・図版7月4日午後1時作製の球磨川周辺の浸水推定図。SNS画像をもとにしている(国土地理院提供)

 浸水の深さを青の濃淡で塗り分けている。人吉駅のあたりまで水がかぶり、数メートルに及んだ場所もあることが一目でわかる。元になったのは、一般の人がSNSに投稿した画像だった。

 「使ったのは20~30枚。得…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら