[PR]

 米国務省は、中国共産党の党員に対し、米国への旅行ビザや商用ビザの有効期間を短縮するなどの制限措置を導入したことを3日明らかにした。

 国務省によると、これまでは最長10年間有効だった旅行ビザや商用ビザを、中国共産党員とその家族に対しては、有効期間を1カ月に短縮した。ニューヨーク・タイムズによると、ビザの有効期間中は複数回可能だった入国も1回に制限するという。中国共産党員は2019年末時点で9191万人いる。

 国務省報道官は朝日新聞の取材…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら