[PR]

【朝日新聞ポッドキャスト】 公用車を考える①

 最高級車センチュリーに知事が乗るのは無駄遣いなのか。兵庫県がレクサスからセンチュリーに「格上げ」していたことをきっかけに、公用車をめぐる論争が全国に広がりました。コロナ禍の中で「ぜいたくだ」という批判も寄せられ、その後、高級公用車の売却を決めた自治体もあります。みなさんはどう考えますか。

 知事公用車の全国調査をした神戸総局の滝坪潤一記者と武田遼記者に話を聞きました。朝日新聞ポッドキャストでお聞きください。主な内容は以下の通りです。

     ◇

・ワイドショーが先行

・ベテランと若手、意見に違い

・主流はミニバン

・同じヴェルファイアでも1千万円の差

会員の方は
音声の主な内容をテキストでも確認していただけます(音声の内容をそのまま書き起こしたものではありません)

     ◇

Q:そもそもどうしてこの取材をしようと思ったんですか。

滝坪:兵庫県議会の委員会で、議長の車を昨年夏にトヨタのレクサスからセンチュリーに変えたことについて、議員が質問したのが発端です。議長が乗る車として、最高級のセンチュリーがふさわしいのかどうかという視点の質問でした。そこで、知事の車もセンチュリーに変わっていたこともわかったんです。

 この委員会、ノーマークだったんですよ。だから次の日の地元紙の記事を見てびっくりしました。あ、やられたなと。

Q:その記事を読んでどう思いましたか。

滝坪:この問題は追いかけなければいけないなと。県民の納めた税金をどのような使い方をしているのかは伝える必要があるだろうと。車ってすごく身近でみんなが使っているものだからというのもありましたので、その日に取材を始めました。

 ただ、最初はローカルニュース…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。