「霧のなかの少女」「花影の女」などで知られる漫画家の花村えい子(はなむら・えいこ、本名山賀栄子〈やまが・えいこ〉)さんが3日、多臓器不全のため東京都内の自宅で死去した。91歳だった。葬儀は近親者、関係者で行う予定。喪主は長女ひろ子さん。

 埼玉県川越市出身、女子美術大絵画科中退。1959年に貸本漫画「虹」に「紫の妖精」を書いてデビュー。大きな瞳にキラキラの星、カラフルな髪など少女漫画のスタイルをいち早く描いた一人として、少女漫画誌「なかよし」「週刊マーガレット」などに作品を発表した。

 89年に日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。「マンガ日本の古典 落窪物語」など古典を題材にした作品も発表している。