[PR]

 新型コロナウイルスの重症患者向けの臨時施設「大阪コロナ重症センター」が15日から運用を始める。大阪市の大阪急性期・総合医療センターの敷地内に建てられたプレハブ施設で、大阪府の吉村洋文知事が7日に視察した。

 施設内には人工呼吸器を備えた30床のベッドを配置した。ただ、運用に必要な看護師約130人のうち80人ほどしか確保できていないため、運用病床数を絞る可能性がある。府は関西広域連合や全国知事会、防衛省に看護師の派遣を要請している。

 重症センター長を務める総合医療センターの藤見聡・高度救命救急センター長は報道陣に、全体の感染者数が減少傾向に入っても重症者数はその後1週間は増える傾向があるとした上で、「できるだけ早く(重症患者を)中等症病院に帰すための集中治療が必要だ」と答えた。吉村知事は「不十分なところもあるが、(設置を)判断してよかった」と話した。(久保田侑暉)