[PR]

 立憲民主党の赤松広隆衆院副議長(72)=愛知5区=が次期衆院選に立候補せず、今期限りで引退する意向を固めた。

 赤松氏は1990年の衆院選に旧社会党から立候補して初当選。96年に旧民主党に加わり、現在10期目。旧民主党政権では農林水産相を務めた。立憲ではリベラル系の党内最大グループを率い、枝野幸男代表を支えてきた。

 立憲は選挙区の後任に愛知県議の西川厚志氏(51)を擁立する方向で調整している。