[PR]

 東京都豊島区の会社員女性(35)が9月から行方不明になり、栃木県那須町の山林で遺体で見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された保育士の佐藤喜人容疑者(29)=同区目白5丁目=が、女性の家から所持品やキャリーケースを持ち去っていたことが捜査関係者への取材でわかった。佐藤容疑者は「捨てた」と供述しており、警視庁は、女性が自ら失踪したように見せかけようとしたとみている。

 女性の安否がわからなくなったのは9月24日。捜査関係者によると、自宅マンション周辺の防犯カメラの映像などから、佐藤容疑者が同日夜に女性宅に侵入し、翌25日に女性の遺体を車で栃木県那須町に運んだ疑いがあることがわかった。

 佐藤容疑者とみられる人物が女性のキャリーケースを引く姿も映っていた。警視庁は、財布などの所持品を入れて持ち去ったとみて調べている。

 一方、警視庁は今月7日、女性…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。