[PR]

 新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、世界保健機関(WHO)で予防接種部門を統括するケイト・オブライエン氏は7日の記者会見で、接種の義務化は「進むべき方向ではない」と語り、否定的な見方を示した。

 オブライエン氏は、圧倒的多数の人は接種を熱望していると指摘した上で、「義務化はせずに、接種を奨励・促進する方がはるかによい」と語った。その上で、特定の医療現場など、接種が強く推奨される状況もありうると付け加えた。

 会見に同席した緊急対応責任者のマイク・ライアン氏も「人々に接種をしてもらう手段としての義務化は避けたいと、公衆衛生に関わる誰もが思っている。(ワクチンの有効性を示す)データや利益を示した上で、自ら決断してもらった方がいい」と述べた。

 新型コロナウイルスのワクチン…

この記事は有料会員記事です。残り210文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り210文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り210文字有料会員になると続きをお読みいただけます。