[PR]

 菅義偉首相は8日午前、首相官邸で開いた政府与党政策懇談会で、追加経済対策の財政支出は40兆円になると明らかにした。事業規模は73・6兆円。同日夕に臨時閣議を開き決定する予定。政府関係者によると、年明けからの通常国会で審議予定の第3次補正予算案に19兆円程度を計上する見通しだ。

 菅首相は政策懇談会で「雇用を維持し、事業を継続し、経済を回復させ、グリーンやデジタルをはじめ新たな成長の突破口を切り開くべく策定した」と述べた。

 対策では、観光支援策「Go To トラベル」を来年6月末まで延長するほか、医療体制の整備や営業短縮店舗への協力金に使える交付金を積み増して自治体への財政支援を拡充する。中小企業の業態転換を後押しする補助金や、脱炭素化へ向けた企業の研究開発を支援するため2兆円規模の基金の創設なども盛り込む。(津阪直樹)