[PR]

 2015年春。東京都内のアイスリンクで、3回転半(トリプルアクセル)ジャンプの練習を黙々と繰り返すフィギュアスケーターの姿があった。当時、中学3年生の樋口新葉だ。

 スケートの軌道を細かく変えたり、助走のスピードを速くしたり、遅くしたり。トリプルアクセルを得点源に、この年の世界選手権を制したエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)の動画をスマートフォンで確認しながら、何十回と挑んでいた。

拡大する写真・図版NHK杯の女子フリーで演技をする樋口新葉=代表撮影

 バンクーバー五輪(10年)で、浅田真央がショートプログラムとフリーの合計で3回のトリプルアクセルを決めた姿を見て、あこがれた。「すごいなと思って。自分も跳びたいなと思った」。練習を重ねるうちに「絶対に、跳ばなければならないジャンプ」という思いを強くした。

 歳月が流れ、樋口は大学2年生に。積み重ねてきたジャンプの数は、何千回、何万回となっただろう。11月28日、NHK杯の女子フリーの冒頭で大技に挑戦し、片足で降りた。演技を終えると、目を閉じ、右拳を突き上げた。

拡大する写真・図版NHK杯の女子フリーの演技を終え、ガッツポーズをする樋口新葉=11月28日、代表撮影

 「試合できれいに決められたこ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら