[PR]

 安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」の前日に開いた夕食会の費用を安倍氏側が補塡(ほてん)していた問題を巡り、立憲民主党の安住淳国会対策委員長は8日、国会内で自民党の森山裕国対委員長と会談し、改めて安倍氏の国会招致を求めた。

 会談後、安住氏は記者団に「安倍前総理は、この1年間、結果的にはうその答弁を続けてきた。通常国会の前にきちっと我々の質問に答えてもらう機会を作ってもらいたい」と話した。一方の森山氏は「党内でも協議をしなければいけない」と述べるにとどめた。

 安倍氏の説明責任を巡っては、自民党の野田聖子幹事長代行が「安倍前首相が自らの言葉で説明責任を果たしていくべきだ」と述べるなど、与党内からも説明を求める声が上がっている。