世界で初めて音速の壁を破った米空軍の元パイロット、チャック・イェーガーさんが7日、死去した。97歳だった。本人のツイッターで妻が明らかにした。死因は不明。

 米メディアなどによると、1923年、ウェストバージニア州生まれ。高校卒業後に軍に入り、第2次世界大戦ではパイロットとして従軍。戦後間もない47年10月、カリフォルニア州の基地で「ベルX―1」を操縦し、史上初の超音速飛行に成功した。後に空軍で将官まで務め、退役後もF15戦闘機で超音速飛行を再現するなど、話題を集めた。

 米国の初期の宇宙飛行士らを取り上げ、映画化もされたノンフィクション「ライトスタッフ」で半生が詳細に描かれた。(ワシントン=渡辺丘)